キャリー・トレード | Carry Trade

低金利の通貨を調達し、高金利の通貨や外貨建て資産を購入する投資戦略。

為替が動かなければ金利差から収益を得ることが可能で、機関投資家やヘッジファンド、個人投資家まで幅広く行われている。

低金利が続く日本円は調達通貨として一般的で、キャリー・トレードが拡大すると円安圧力となる。

日本の個人投資家がFX証拠金取引で相対的に高金利の米ドルや豪ドルを買う投資行動はミセス・ワタナベと呼ばれてマーケットでも認知されている。

金利差が大きく、マーケットのボラティリティが低いときには有効な戦略となるが、マーケットが大きく下落した際には大きな損失が発生する場合がある。

* 債券やデリバティブに関して使われる単語の一般的な解説をしています。文脈が変われば別の意味を持つ場合もあるのでご注意ください。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

関連用語

注目度の高い債券