CMSオプション | CMS Option

スワップレートをアンダーライイングとするオプション契約。

行使されると、ストライクとスワップレートの差を基準としてキャッシュフローが発生する。

スワップレートをアンダーライイングとする事ではスワップションと同じだが、ペイオフが直線的にスワップレートと連動し、コンベキシティが発生しない。

したがって、スワップションを使ってCMSオプションを組成する場合には、コンベキシティの調整を行う必要がある。

* 債券やデリバティブに関して使われる単語の一般的な解説をしています。文脈が変われば別の意味を持つ場合もあるのでご注意ください。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

関連用語

注目度の高い債券