コンベキシティ | Convexity

資産価格がある参照指数に連動し、さらにその連動率(デルタやデュレーション)も参照指数に連動して変化することで、資産価格と参照指数が曲線的な連動関係を示すこと。

金利と債券価格の関係が代表的で、金利が上昇するとデュレーションが短くなり、債券価格への連動性が低くなる。

同様に、コンベキシティを勘案しないCMSの支払いを、時価がコンベキシティの影響を受ける金利スワップでヘッジする際には、その差の調整(コンベキシティ調整)が必要となる。

* 債券やデリバティブに関して使われる単語の一般的な解説をしています。文脈が変われば別の意味を持つ場合もあるのでご注意ください。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

関連用語

注目度の高い債券