デルタ・ヘッジ | Delta Hedge

ヘッジ戦略の基本で、保有資産の時価が別の資産(株価、為替、金利など)に連動する場合、デルタ(価格への感応度)が逆のポジションを作ることで、価格変動リスクを相殺する。

例えば株価に連動する資産を持つ場合、株の先物の売りポジションを取ることで、全体でのリスクを相殺することができる。

多くの場合、デルタはマーケットの変化や時間の経過によって変わるため、継続的にヘッジを調整する必要がある。

* 債券やデリバティブに関して使われる単語の一般的な解説をしています。文脈が変われば別の意味を持つ場合もあるのでご注意ください。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

関連用語

注目度の高い債券