スワップション | swaption

金利スワップに入る権利を取引するオプション契約。

行使されると、固定金利と変動金利(LIBORなど)を満期まで交換する金利スワップが結ばれるパターンと、締結される金利スワップの現在価値で決済するパターン(キャッシュセトル)がある。

固定金利サイドの利率がストライクとなる。

固定金利の受け取り(レシーバー)サイドでは、満期までのスワップレートがストライクを下回った場合に行使され、固定金利の支払い(ペイヤー)サイドでは、満期までのスワップレートがストライクを上回った場合に行使される。

コーラブル債に組み込まれており、スワップレートが低下するとスワップションが行使されることで早期償還される。

スワップレートをアンダーライイングとする事ではCMSオプションと同じだが、ペイオフが将来のキャッシュフローの現在価値となるため、コンベキシティ―が発生する(スワップレートが上がるとデュレーションが短くなり、スワップレートへの感応度が下がる)。

* 債券やデリバティブに関して使われる単語の一般的な解説をしています。文脈が変われば別の意味を持つ場合もあるのでご注意ください。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

関連用語

注目度の高い債券