デリバティブ取引とは

デリバティブ取引とは

投資対象となる資産の将来の価格を基準として、計算式などの形で支払金額が決まる契約。対象となる資産は、株、株価指数、為替、金利などが一般的で、例えば輸出企業の将来の為替のリスクヘッジに使われたり、株価指数への投資に使われます。

代表的なデリバティブ取引

  • 将来の決められた日に決められた価格で資産の売買を行う先物取引
  • 一定の期間内、継続的に計算式に基づいたキャッシュフローの交換をするスワップ取引
  • 資産価格の条件付きでキャッシュフローが発生するオプション取引

デリバティブ取引のメリット・リスク

デリバティブを使うことで、現物を売買するよりも格段に資金効率の高いリスクヘッジや投資が可能となります。

また、個別のニーズに合わせたきめ細かい条件設定が可能で、対象となる資産も天候、地震、排出権など幅広く対応できます。

一方で、特に投機的な目的で使われた場合、その資金効率が裏目に出て、当初想定していたよりも多大な損失が発生し、企業収益に大きな影響を与える事例があることから、内部管理体制や会計監査などによるリスク管理が非常に重要視されています。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で