債券投資の主なリスク

主な債券のリスクとしては下記が挙げられます。全てを網羅しているわけではないのでご注意を。

信用リスク

発行者が倒産などで契約通り支払いを行うことができなくなる(「デフォルト」と呼びます)リスクを信用リスクと呼びます。デフォルトが発生すると、発行者は資産の処分等によって可能な限りの弁済を行いますが、結果的に支払いが延期されたり減額されたりする場合があります。通常の債券(優先債務)は弁済の優先順位が高く、劣後債はそのあと、最も優先度の低いのが株式などの自己資本となります。

市場リスク

利率や償還額が株式や為替等に連動する場合、それらの動きによって利率や償還額が増減し、悪いケースでは最終的な受取金額が投資金額を下回る(元本割れ)リスクがあります。

為替リスク

外貨建ての商品に投資する場合、支払い受取時点における為替水準によって、円貨に換算した時の受取額が異なります。大幅な円高となった場合、円換算で利息収入を超える元本の損失が発生する場合があります。

購入時より円安 → 為替差益が得られます。

購入時より円高 → 為替差損が発生します。

また、円貨と外貨の両替の際に為替手数料がかかります。手数料は取扱業者によって様々ですが、一般的に取引高が多く、流動性が高い通貨(米ドルやユーロ)では手数料が安く、逆に取引高が低い通貨(リラ、レアルなど)では手数料が高く設定されています。

たとえ為替相場に変動がない場合でも一定のコストがかかることには留意が必要です。特に1年未満の短期投資では金利収入に比べて為替手数料の負担が相対的に大きくなるため、ある程度の長期投資とすることが為替手数料の効率化につながります。

中途売買における価格変動リスク・流動性リスク

保有債券を何らかの理由で満期日前に売却する場合、売買価格は投資金額ではなく市場価格、つまり売買希望者が提示する価格となります。市場価格は投資元本を上回ることも、逆に大きく下回ることもあります。また、購入者が見つからずに中途売却ができないこともあります。

本サイトでは、参考として一般的な計算方法によって算出した債券の理論価格を、その計算方法と共に公開しています。この価格は売却価格ではありません。また、違う前提を置いた計算手法と異なる場合がありますが、ご自身のリスク分析のために提供しているものです。

債券の購入にあたっては流動性のリスクを認識し、満期保有を前提として投資判断を下すことが重要です。

理論価格は主に下記の要因に左右されます。

参照する為替や株価指数

利率・償還額が参照指数によって変動する場合、それらの参照指数に影響を受けます。

市場金利

市場金利が上がると債券価格は下落します。

発行者の信用力

格付けや信用スプレッドが悪化すると債券価格は下落します。

満期までの期間

満期に近づくと償還金額に収束します。また、残存期間が長いほど金利感応度が上がります。

カントリーリスク

発行者の所在国や通貨発行国の政治的・経済的な変動等により、債券価格や流動性が影響を受ける場合があります。また、政府等による突発的な取引規制や法的規制が行われた場合、債券の支払いに影響が出たり、円を含む他通貨への交換に支障がでる可能性があります。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で