仕組債の構造と条件設定

仕組債の基本構造

一般的な債券は、購入すると満期まで固定利率が支払われます(市場金利に連動した債券もあります)

ただ、資金需要が低く、ゼロ金利、あるいはマイナス政策が継続される現在の環境では、多くの投資家を満足させる高い利回りを実現することは難しくなっています。

仕組債は、発行者がこの支払いとデリバティブ契約を組み合わせることで、支払金額を株価や為替に連動させ、一定の条件により高い利回りを実現できるように発行されています。

組み込まれるデリバティブと発行条件

日経平均リンク債など、個人向けに販売されている債券の大部分は、投資家がプットオプション(満期に償還金額が資産価格に合わせて毀損するリスク)を売却することで、そのプレミアムを利回りに上乗せして組成されています。

このプットオプションの売却価格は「ボラティリティ」(変動率)の要素が大きく関わってきます。ボラティリティは資産の予想価格変動率が取引されているもので、資産価格が大きく動いたり、今後の見通しが不透明な局面ではボラティリティが上昇します。ボラティリティが上昇すると、プットオプションの価格が上昇し、発行条件(利率など)が改善します。

その他に、コールオプションによって利率を資産価格によって変動させたり、ノックアウトオプションを組み合わせて早期償還条項が組み込まれます。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で