債券とは

国や銀行や企業から、利息と元本の支払いを受ける権利書

債券のしくみ イメージ

(※)通常、債券を保護預かりしている証券会社を通じて自動的に支払いが行われます。

国や企業は、新事業を始めるときや現在の事業を運営する資金として、自己資本をベースに資金を借り入れて運営資金とするのが一般的です。調達方法としては銀行融資もありますが、一定の財務的な信用力のある会社では、直接投資家から資金を調達することができます。こうしてお金を借り入れる際、 その返済の証明として発行されるのが債券です。

投資家サイドから見ると、資金を預け入れ、リターンとして利息や元本の返済を受け取るという意味で、定期預金に近いと言えます。

ただ、預金と違って売買が可能な証券として発行されるので、保有者は原則として購入希望者がいれば満期前に債券を売却したり、すでに発行済みの債券を購入することで、途中からでも支払いを受け取ることができます。

上限付き預金保護(ペイオフ)の対象とはなりませんが、預金よりも好条件で発行される場合が多く、世界中の著名な発行者がバラエティ豊富な債券を発行して、投資家のニーズに答えています。

額面金額、利率の条件、満期日、支払い方法などは個別に細かく決められており、企業の意思や財務状況、株価に関わらず、支払不能とならない無い限り、スケジュール通りに利払いや償還金を受け取ることができます。逆に企業が躍進して株価が上昇しても、受け取る金額は当初の条件通りです。

預金よりも高い安定収入を得ながら、株などの資産よりも価格の安定性が高く、中長期的に受け取る利息の見通しが立てやすいことから、中長期の計画的な運用に向いていると言われます。

世界で最も取引されている投資資産の一つで、世界の債券市場の規模は約90兆ドル(7200兆円)と、株式市場の約47兆ドル(3700兆円)を大きく上回ります。

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で

参考リンク