カントリーリスク

国の安定性

債券の投資にあたっては、発行体の所在国、または通貨の発行国に特有のリスク(「カントリーリスク」)を考慮します。格付け機関などによって様々なリスク指標が公表されています。

下記はS&Pの公表するBICRA(Banking Industry Country Risk Assessment)における主要国の金融信用力ランキングで、主に国の経済力と金融安定性を基準に10段階で評価されています。(2012年5月発表)

グループ1 カナダ, スイス
グループ2 オーストラリア, オーストリア, ベルギー, フィンランド, フランス, ドイツ, 香港, 日本,
オランダ, ノルウェー, サウジアラビア, シンガポール, スウェーデン
グループ3 チリ, デンマーク, 韓国, ニュージーランド, イギリス, 米国
グループ4 ブラジル, イタリア, マレーシア, メキシコ, 南アフリカ, 台湾
グループ5 中国, インド, スペイン, タイ, トルコ
グループ6  
グループ7 ハンガリー, アイスランド, インドネシア, アイルランド, フィリピン, ポルトガル
グループ8 アルゼンチン, エジプト
グループ9  
グループ10 ギリシャ, ベトナム

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で