投資商品の種類

固定利付債 為替連動費 日経平均連動債 株価連動債

固定利付債

1) 固定利付債

特徴: 最も基本的な債券で、市場環境にかかわらず一定の利払いが支払われます。外貨建て債券では償還時の為替水準によって為替損益が発生します。
発行通貨: 円、米ドル、高金利通貨など
クーポン: 固定
最終償還: 券面100%
リスク: ☆(円建て)☆☆☆(外貨建て)

2) ディスカウント債

特徴: クーポンはゼロまたは非常に低い利率だが、代わりに償還益が発生する債券です。低価格で発行され100%で償還されるパターンと、100%で発行されオーバーパーで償還されるパターンがあります。外貨建て債券では償還時の為替水準によって為替損益が発生します。
発行通貨: 円、米ドル、高金利通貨など
クーポン: 固定
最終償還: 券面100%またはオーバーパー
その他: リターンを償還益で受け取るため、固定利付債とは税制の面で扱いが変わります。原則として償還益は雑所得として総合課税、中途売却益は非課税となっています。(投資の際には税理士等とご確認ください)
リスク: ☆(円建て)☆☆☆(外貨建て)

3) コーラブル債

特徴: 固定利付債よりも高い利回りが得られる代わりに、発行体の判断で満期前に早期償還が行われる場合があります。早期償還は通常券面100%にて行われます。
発行通貨: 主に円や米ドル
クーポン: 固定
最終償還: 券面100%
リスク: ☆(円建て)☆☆☆(外貨建て)

為替連動債

4) デュアルカレンシー債

特徴: 円建て固定利付債よりも高い利回りが得られる代わりに、外貨で償還される場合があります。ストライク為替は当初の為替よりも低く設定されており、多少の円高には耐えられる設計となっています。
発行通貨: 円、米ドル、高金利通貨など
クーポン: 固定
最終償還: 発行時にあらかじめ「ストライク為替」が規定されます。
・最終為替がストライク為替以上の円安の場合: 円券面100%
・最終為替がストライク為替よりも円高の場合: 外貨券面
外貨償還の場合、為替が円高となっているため為替損失が発生します。
その他 早期償還条項がつけられる場合があります。
リスク: ☆☆

5) ノックインデュアルカレンシー債

特徴: デュアルカレンシー債に似ていますが、満期までの毎日為替が参照され、一度でもそれを下回った場合(「ノックイン」)に外貨償還されます。トリガー為替は当初の為替よりも低く設定されており、多少の円高には耐えられる設計となっています。
発行通貨:
クーポン: 固定
最終償還: 発行時にあらかじめ「トリガー為替」が規定されます。
・為替が満期まで一度もトリガー為替を下回らない場合: 円券面100%
・為替が一度でもトリガー為替を下回った場合: 外貨券面
外貨償還の場合、為替が円高となっている可能性が高いため、為替損失が発生する可能性が高いです。
その他 リターンを償還益で受け取るため、固定利付債とは税制の面で扱いが変わります。原則として償還益は雑所得として総合課税、中途売却益は非課税となっています。(投資の際には税理士等とご確認ください)
リスク: ☆☆

6) リバースデュアルカレンシー債

特徴: 償還元本は円建てで確定しており、利払いのみで為替リスクを取る商品です。元本リスクの商品よりも低リスク・低リターンとなります。
発行通貨:
クーポン: 固定
最終償還: 券面100%
その他 早期償還条項がつけられる場合があります。
リスク: ☆☆

7) パワーリバースデュアル債

特徴: クーポン、償還元本ともに為替に連動する商品で、為替系で最もハイリスク・ハイリターンな商品です。
発行通貨:
クーポン: 参照為替が円安になると利率が上昇し、円高になると下落します(最低はゼロ)
最終償還: 参照為替が円安になると償還額が上昇し、円高になると下落します(最低はゼロ)
その他 早期償還条項がつけられる場合が多いです。
リスク: ☆☆☆☆☆

8) スーパーボール債

特徴: クーポン、償還元本ともに日経平均に連動します。
発行通貨: 高金利通貨など
クーポン: 固定
最終償還: 発行時にあらかじめ「判定為替」「償還為替」が規定されます。
・最終為替が判定為替を下回る場合:券面100%
・最終為替が判定為替以上の場合: 「償還為替」にて円に転換されて償還
通常、償還為替は判定為替よりも大きく有利な水準で設定されるため、若干の円安で大きな円安効果を得ることができます。
リスク: ☆☆☆

日経平均連動債

9) 日経リンク債

特徴: クーポン、償還元本ともに日経平均に連動します。
発行通貨: 主に円
クーポン: 発行時にあらかじめ「クーポン判定価格」が規定されます。
・日経平均がクーポン判定為替以上の場合:高い利率
・日経平均がクーポン判定為替未満の場合: 低い利率(0.1%など)
最終償還: 発行時にあらかじめ「ノックイン価格」が規定されます。
・日経平均が満期まで一度もノックイン価格を下回らない場合: 円券面100%
・日経平均が一度でもノックインを下回った場合:券面 ×(最終価格 / 当初価格)
日経平均に連動する場合、価格が当初を下回っている可能性が高いため、償還損失が発生する可能性が高いです。
その他 下記のようなバリエーションがあります。
- ノックアウト条項:参照日における日経平均が一定価格を上回れば早期償還されます。
- 固定クーポン
- 償還の判定がノックインではなく最終価格のみ

株価連動債

10) 他社株転換社債(EB債)

特徴: 固定利付債よりも高いクーポンを得る代わりに、現物株で償還される場合があります。
発行通貨:
クーポン: 固定
最終償還: 発行時にあらかじめ「ストライク価格」が規定されます。
・最終株価がストライク価格以上の場合: 円券面100%
・最終株価がストライク価格未満の場合: 現物株
現物償還となった場合、株価は下落しているので、償還損失が発生します。
リスク: ☆☆☆☆☆

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で