発行届出書類の読み方

国内で売り出された債券の有価証券届出書は EDINET にて開示されており、その債券に関する情報が網羅されています(販売の際に投資家に配布される目論見書と同様の情報です)。

販売形態によって、2タイプの届出書類があります。

1) 「有価証券届出書」 - 証券情報及び企業情報等を記載した書類です。通常、投資家へのヒアリングを行う前に一定の金額や条件を「仮条件」として届出し、需要を把握した後に最終条件として「訂正有価証券届出書」を再度提出し、販売を行います。常にオリジナルの届出書と訂正届出書をセットで参照する必要があります。

2) 「発行登録追補書類」 - 企業情報等が継続的に開示されており、あらかじめ今後の発行予定の概要を記載した「発行登録書」を提出している発行者は、有価証券届出書の代わりに本書類を提出することができます。この場合、金額や詳細条件は投資家へのヒアリング前に決まっており、直ちに販売を行えます。本書類は発行登録書と一緒に参照される必要があります。

現実的には頻繁に更新されるこれらの書類を個別に読み解いて投資判断を下すのは至難の業です。債券投資のポートフォリオではこれらの中から特に投資判断に必要な情報をまとめて提供しています。また、各債券に関する書類へのリンクも記載してありますので、実際に投資を行う際には届出書類または目論見書をご覧ください。

項目 内容
発行者の名称 発行者の代わりに国内で各種届出や事務手続きを行う弁護士
売出人 販売を担当する金融商品取引業者
債券の名称 債券の名前で、通常は発行通貨や利率の決定方法など主な特徴が含まれる
券面総額 発行される金額の合計
各債券の金額 債券の取引単位。別途申込単位が設定されている場合もある。
売出価格 投資家に販売される価格。金額x売出価格が購入価格となる。
利率、利息支払いの方法 利息や参照指数の決定方法および支払方法
償還期限 債券の満期。海外時間の支払いとなる場合は実際の現金の受け取りは翌日以降となる。
売出期間、受渡期日 売出の約定可能期間および受渡日
計算代理人 本債券の利息や償還額の計算等を担当する金融機関。
参照指数の詳細と推移 利息の計算等に使われる参照指数に関する情報と、過去における推移
担保または保証 一般的に無担保の優先債務(株式や劣後債よりも優先して支払いが行われる)として発行される場合が多い。
準拠法 英国法、または発行者の居住国に準拠する場合が多い。サムライ債は日本法。
リスク要因 主なリスク要因

最新の販売情報は「債券投資のポートフォリオ」で