本サービスをご利用の際には、必ず ご利用の前に をご確認ください。

フランス社会保障基金

フランス社会保障基金(Caisse d'Amortissement de la Dette Sociale, CADES)はフランスの社会保障制度改革の一環として1996年(2004年に改正)の政令により創立された、パリに本拠を構える政府系の金融機関。 フランス政府は1990年代から2000年代にかけて行った社会保障計画によって数100兆ユーロ(日本円で数1京)を超える巨額の負債を抱えてしまったことを引き金に、フランス政府が最終的債務を背負うことで高い信用を獲得しやすく、低コストで資金調達できるという政府系金融機関の特徴を活かし負債を償還する、ということを目的にフランス政府はCADESを設立した。 また、このような設立の背景のために、CADESはフランスの社会保障費用の調整において大きな役割を担っている。

基本情報

本店所在国 フランスフランス
種類 政府系機関
住所 15 Rue Marsollier 75002 Paris, France

所在地

フランス社会保障基金はどんな債券を発行しているか?


債券入門