本サービスをご利用の際には、必ず ご利用の前に をご確認ください。

フランス預金供託公庫

フランス預金供託公庫(Caisse des Dépôts)はフランスの公的金融機関の一つ。 1816年にナポレオン戦争等により荒廃した経済を立て直すために設立された。 公的機関であるため、政府が直接監督しており、国会議員を議長とする監査委員会が主要な意思決定、戦略的方向性、出資、貯蓄基金の管理を実施している。 その主な業務は非課税預金を資本とした社会的住宅建設事業融資である。 特に低所得者向け住宅の建設、地方公共団体等を対象とした超長期での貸付が主要である。 他にも、上場企業の株式等を保有し長期の投資を行っている。 また、企業ファイナンス、保険、不動産、交通インフラ、観光、環境等に関する事業を行う子会社を有している。 各子会社は独自に資金調達を行い、フランス預金供託公庫の保証等は存在していない。

基本情報

本店所在国 フランスフランス
種類 政府系機関
住所 54-56 Rue de Lille, 75007 Paris, フランス

所在地

フランス預金供託公庫はどんな債券を発行しているか?

商品

通貨

年限


フランス預金供託公庫に関連する外部リンク

まだ登録されていません

債券入門