本サービスをご利用の際には、必ず ご利用の前に をご確認ください。

欧州評議会開発銀行

欧州評議会開発銀行(Council of Europe Development Bank, CEB)は難民問題や人口過剰問題の対策資金のために1956年に欧州評議会(CoE)によって設立された、パリに本部を置く国際金融機関である。 欧州評議会開発銀行は欧州評議会によって設立されたものの、この銀行自体は独立した法人であり、決定権を所有している。 第二次世界大戦による難民の支援を設立当初の目的としていたが、その後、活動範囲が拡大され、被災者援助や社会インフラ整備などの活動も行うようになり、その活動を通して当事者であるヨーロッパ諸国自身の結束の強化にも結びついた。 欧州評議会開発銀行の活動の一例として、2008 年には南オセチア戦争により被害を受けた人々に対し100万ユーロ(日本円で約1億3千万円)の援助を行った。

基本情報

本店所在国 国際機関国際機関
種類 国際機関
住所 55 Avenue Kleber 59240 Dunkerque, France

所在地

欧州評議会開発銀行はどんな債券を発行しているか?

商品

通貨

年限


債券入門