本サービスをご利用の際には、必ず ご利用の前に をご確認ください。

予防接種のための国際金融ファシリティ

予防接種のための国際金融ファシリティ(International Finance Facility for Immunisation, IFFIm)はイギリスが提唱したGAVIアライアンス(ワクチンと予防接種のための世界同盟)の資金調達メカニズムであり、2006年に設立された。 その基盤となる財政はドナー各国(イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、ブラジル、南アフリカ)の政府からの寄付金としている。 IFFImはそれらのドナー国の将来の政府開発援助の資金を償還財源としてワクチン債と呼ばれる債券を発行している。 IFFImの目的は、発行するワクチン債によって世界各国から借り入れを行い、「今」使うことのできる資金を調達することで発展途上国に予防接種を提供し健康水準を向上させること、としている。

基本情報

本店所在国 国際機関国際機関
種類 国際機関
住所 2 Lamb's Passage London Borough of Islington, London

所在地

予防接種のための国際金融ファシリティはどんな債券を発行しているか?

商品

通貨

年限


債券入門